竹中銅器  銅像・胸像製作実績  藤堂高虎公像  愛媛県今治市

株式会社竹中銅器 株式会社竹中製作所グループ

藤堂高虎公像 愛媛県今治市

 HOME > 製作実績 > 藤堂高虎公像 愛媛県今治市

今治城築城・開町400年の節目にあたる2004年、記念事業のひとつとして、藤堂高虎公像が建立されることになり、その製作と設置を竹中銅器(竹中製作所)が請け負っています。

「藤堂高虎公」足跡 愛媛県今治市

今治市シンボルとして市民の皆さんに親しまれている銅像「藤堂高虎公像」

銅像藤堂高虎公像 今治市シンボル銅像 製作実績 竹中銅器 竹中製作所グループ今治開町の祖といわれる、藤堂高虎公の銅像は、吹揚公園に建てられ、今治のシンボルとして、市民の皆さんに親しまれています。数多くの築城を手掛け、戦さでは大きな負け戦さをしたことがなかったといわれる高虎公。意外にも、その功績は広く知られていないようです。ここでは、高虎公が歴史に残した足跡をたどってみます。

藤堂高虎公の像 建設概要

  • 設置者 今治城・開町400年祭実行委員会 今治市
  • 工期 平成16年4月22日〜9月25日
  • 設置場所 今治城吹公園
  • 企画 今治城築城・開町400年祭実行委員会
  • 主管 今治市企画財政部イベント推進課
    (今治城築城・開町400年祭実行委員会事務局)
  • 協力 今治市建設部・今治市教育委員会

銅像概要

  • 制作者 彫刻家 中村晋也氏(日本芸術院会員 文化勲章受章者)
  • 題字揮毫 書家 村上三島氏(日本芸術院会員 文化勲章受章者)
  • 材質 ブロンズ  ※鋳造:株式会社 竹中製作所(現 株式会社 竹中銅器)
  • 寸法 高さ約3.5m 幅約4.0m 重量約3.5t

付帯設備・施工

  • 台座・アプローチ アサヒ大理石工業(株)
  • 由来銘碑 株式会社 竹中製作所(現 株式会社 竹中銅器)

1576年羽柴秀長家臣の藤堂高虎公

銅像藤堂高虎公像 製作実績 竹中銅器 竹中製作所グループ近江犬上郡藤堂村の土豪、藤堂虎高、おとらの次男として1556年、群雄割拠の戦国時代に生まれています。

1576年には羽柴秀長(豊臣秀吉の異父弟)の家臣となり、小牧長久手の戦いで大きな戦功を上げ、紀伊粉河で1万石の城持大名となりました。

秀長亡き後、秀保の後見人となるも、今度は秀保が没すると、高虎公は前途を悲観し、高野山に入山し、剃髪してしまいます。しかし、その才を惜しむ豊臣秀吉の目に留まり、大名として下山させているほどです。

「戦上手」築城縄張に比類なき才能

築城縄張 銅像藤堂高虎公像 製作実績 竹中銅器 竹中製作所グループその後は、秀吉の家臣として、期待通りに数々の功績を上げ、伊予宇和島に7万石を与えられるに至っては、並々ならぬ器量人であるとともに、築城縄張については、天下に比類なきと称されました。朝鮮へも2度出兵し、戦功を上げているのもこの頃。こうした点で、高虎公は歴戦の強者で、いかに戦上手であったかがうかがい知れます。

築城縄張については、修復した城、築城したものを、ざっと上げただけでも、今治城、上野城、伏見城、江戸城、篠山城、亀山城、津城、宇和島城、大坂城、二条城・・・と名だたる名城の多くに関わっています。

先を読み時流にのる先見の才

先見の才 銅像藤堂高虎公像 製作実績 竹中銅器 竹中製作所グループ高虎公は、秀吉亡きあとに天下を制するのは、家康以外にないと考え、豊臣家から徳川家へ急接近しています。

たとえば、秀吉が禁じていた無断婚姻を家康が無断で行ったために、石田三成が家康を大坂城に呼び出し、反旗を翻すようなことあらば、即座に家康を切り捨てる、という策略を立ててました。これは、関ヶ原の戦いの前のことです。

しかし、この策略を知った高虎公は、事前に家康に知らせ、未然に済んだために、家康は天下人として、後世に名を残すことができました。

「伊予今治20万石大名」武と知を兼ね備えた武将

武将 銅像藤堂高虎公像 製作実績 竹中銅器 竹中製作所グループ関ヶ原の戦いでは東軍の勝利に大いに貢献し、その成果と忠誠が認められ、伊予今治に20万石の領地を得る大大名となりました。

さらに大坂の陣では、長曾我部軍などに壊滅的な打撃を与え、大坂城陥落ののちには、32万石に加増されるに至りました。

高虎公は、もともと豊臣恩顧の外様大名でありながら、家康から親藩以上の厚遇を受け、重く用いられました。それは、武将としての豪胆さ、また、人心をつかみ、人民をうまく使うという点でも、仁義礼智忠の心厚く、武と知を兼ね備えた武将だったといえるからでしょう。

そこには、己の天賦の才能を駆使しながら、戦国末期をしたたかに生き抜いた武将という人物像が浮かびます。

銅像建立への実現のため打ち合わせ段階から参画し銅像完成に至る

銅像藤堂高虎公像 製作実績 竹中銅器 竹中製作所グループ

今治市開町の祖として、藤堂高虎公を未来永劫に伝え称えようとの、市民の皆さんの熱い想いから実現した、藤堂高虎公の像。文化勲章を受章された先生の原型による、雄大で威厳に満ちた騎馬像がここに完成しました。

竹中銅器では銅像建立を実現させる段階の打ち合わせから参画し、原型の決定から鋳造、仕上げ、着色、現地への搬入設置までを請負っています。近年では稀な大型銅像のため、全社をあげての体制をとり、綿密な打ち合わせを行いながら、完成に至りました。

現在、全国各地で開町記念の催しが行われています。銅像やブロンズ像を建立したいご希望の自治体様や、市町村様からの問い合わせも近年、特に多くなったようなように思います。

竹中銅器では、全国どこでも設置・建立に参ります。ご希望、ご要望に応じて、原案から設置建立、あるいは除幕式まで、サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

銅像・胸像 製作実績

全国の製作実績一覧納品までの流れ製作工程修理修復メンテナンスよくあるご質問会社情報
銅像・胸像 製作ストーリーお客様の声プライバシーポリシーサイトマップHOME

Copyright (C) 竹中銅器.All Rights Reserved.
株式会社竹中銅器 株式会社竹中製作所グループ 銅像 胸像 お問い合せ 銅像 胸像 お問い合せ 銅像 胸像 お問い合せ